Make your own free website on Tripod.com

日本でのキリスト教葬儀

日本におけるキリスト教葬儀の流れや参列マナー。キリスト教葬送の概要。葬儀は、先に開始の挨拶と神父様の祈祷によって幕を開けます。次いで、聖歌を奉唱して、聖なる文の御ことばの奉読をして、牧師先生の教導になります。


それから後、讃美歌を歌って、飾花を行う時間を持って、最後の結びとしてまた葬送曲をうたい、牧師さんの祈りで終わる、という流れが典型的です。

キリスト教葬儀のための事前準備
基督教葬送を挙げるために、依頼者が先に内容を整頓するべきことはどんなものか?。次第且つ賛歌の歌詞カードは、キリスト教会がアレンジすることが多いです。
喪主や遺族は、召天者とのメモリアル礼拝フォト且つ奉唱したい葬送の賛美歌の曲名を書いて手控えておくこと等が事前の取り計らいとなります。
キリスト教葬儀でのお通夜の呼び方
基督教メモリアル礼拝に関しての「通夜」の言い回し方。
仏道葬祭行事で言う半通夜は、プロテスタントの正統派チャーチでは「前夜式」という呼び名を用います。
ローマ・カトリック教会に関しては、前夜祭という言い方も用います。

基督教メモリアル礼拝であしらう生花の祭壇に関しましては、フラワーの品種や色等の型にはまった決まりはありません。
大好きな花を、好きなパターンでであしらって大丈夫です。

喪主が行うご挨拶の留意事項につきましては、仏教の用語法を禁忌しながらも、キリスト教会の信条を、信者ではない参列者でも分かるフレーズで申し上げることが重要です。

ご弔電(電報)を披露する頃合い。
御弔電に関しては、仏門の宗教観が含まれて書き綴られている場合が多々ありますから、基督教葬送儀礼を行っている只中ではご紹介をさせていただかないというようにしているプロテスタント教会というのも多々あります。
そうは言っても、ご弔意としていただいたので、送り手の名称はご紹介します。

キリスト者葬式が終幕してから、お食事をするかどうかは自由選択です。
キリスト教組織における施設の中で食事会がノーであるという時につきましては、葬礼に対応している料亭へ移動すれば可能になります。

キリスト教葬送儀礼に関しまして費用の参考に当たりましては、葬儀業者へは一日の葬儀で五拾万円、二日で行う葬儀で800,000円が目安となります。
キリスト教の教会へは一日の葬式で壱拾萬円、二日で行う葬儀で弐拾萬円ほどが基準であります。

基督教弔いに関しての御香典の呼び方。
御香典というのは、御香を焚き上げることのお金という意味での言いまわしの仕方でありますが、教会員お見送りにかけては生花の祭壇を設営しますので、「お花料」といいます。
ただし、ローマ・カトリック等の場合はよい香りのお香を焚くことも多いですから、御ミサ料という言い方をします。
「御花料」にかけての基軸につきましては、一般出席者の事例では5,000円、身内または仕事関係の方の事例では三万円ほどの人もおられます。

クリスチャン葬礼における服装(ふくそう)としては、通常のブラックフォーマルで差し障りありません。
金のネックレスのような、お飾りを身に着けていても問題ない。但し、数珠(じゅず)は要りません。

基督教葬別儀式をするための基軸時間としましては、60分以内がたいていの場合です。
メモリアル礼拝に会葬させていただくなら終わりまで列席していることがエチケットでありますから顧慮が必要です。

聖書信仰者弔いにおいては、プレイズを一緒に歌うことが礼法(マナー)なのでしょうか?。
キリスト教お見送りに初めて出席した場合のキャロルというのは、覚えが無い場合は、謹聴だけだとしても差し障りなくなります。
典礼音楽をうたうことが峻厳たる礼節というわけではありませんから、安心して下さい。

教会員葬礼における礼儀は何かあるか?。
基督教葬祭における飾花をする礼儀に関して、葬送儀礼作法(マナー)読み物には、何かやらのルールがあるかのように言明されている。
しかしながら、キリスト教の聖典にはそのような規定は一切無い。

キリスト教信仰者メモリアル礼拝後にすること。仏門では49日の慰霊が慣例だが、基督教は何かするのでしょうか?。
プロテスタント教会によっては、五〇日祭をします。


基督教における、年忌ごとの追悼行事は何を行うのが?。
キリスト者は、召天者記念礼拝を行います。

基督教葬礼での火葬式。
聖書信仰者における火葬というのは、西洋ではタブーなのでは?。
無論、西洋諸国における聖書ビリーバーの通例は石棺埋葬であります。